09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

バリ島ダイビング滞在日記

バリ島の海をこよなく愛するダイビングインストラクターのダイビングログや、バリ島の現地情報をお伝えしていきます!

10月18日 社員研修?アンボンダイビングDay1 

アンボンの夜明けは、6時過ぎ。



遠くにイスラム教のコーランが響います。
朝食前に朝陽を見ようと思って出てみたら、山が邪魔で綺麗に見えませんでした。

ここMaluku Resort&Spaの朝食は、ビュッフェスタイル。
朝7:00からです。

マナドツアーの時は、メニューが多すぎて皆さん食べ過ぎでしたが、
ここは程よい程度のメニューです。

お粥、トースト、パンケーキ、白飯、ナシゴレン、チキン、ミーゴレン、お野菜、シリアル、
フルーツ2種、コーヒー、紅茶、各種卵料理(スタッフが焼いてくれます。)。

昨日は慣れない甘いものを食べすぎたので、私はお粥です。



でも、このお粥は水分が少なくおも~い。
ゆで卵、パクチー、フライドオニオンをのせ、ケチャップマニスを
かけて食べました。
何度もしつこいですが、このお粥重い。。。
お米のせいかもしれないなー。

集合時間8:50。
今回お世話になるDive into Ambonは、宿泊中にMaluku Resortに併設です。



イギリス人のMr.Kaj(カイ)とオーストラリア人のMs.Barbがオーナー。



カメラ専用ルームが設置されていますよ。

猫がセキュリティー⁉︎



ダイブポイントの数が64箇所も有ります。
何回来たら制覇できるかなぁ~。



今日のメンバーとガイド&クルーが書き出されてます。
私たち以外はみんなナイトロックスを使用してますね。

ゲストは全員で8名。
7名は昨日のディナーで顔を合わせています。
残りの1名は早着着後のダイビングです。

Brian、Yue&Ju中国人夫妻、Matt&Toddアメリカ人親子、Jeff、そして私たち。
皆さん凄い立派なカメラをお持ちですが、私たちとJeffはコンデジチーム。

今日はボートで外洋へDay Tripです。
先ずは、車で10分程の港へ移動です。

続く。。。



○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~ Facebook Badge START -->Jellyfish divers village | Facebookページも宣伝

Kanako Hasegawa | バナーを作成


○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~
<・jellyfish<<<バリ島ダイビングショップ情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
<・jellyfish<<<耳抜き情報
<・jellyfish<<<バリ島SUPヨガ情報
<・jellyfish<<<バリ島サヌールカイトサーフィン情報
スポンサーサイト

category: マルク諸島アンボン

cm --   tb --   page top

10月17日 社員研修?アンボンへ No.2 

アンボンの空港は、パティムラ空港と言います。
時差は、バリ島プラス1時間。日本と同じ時間です。

飛行機到着後、荷物も無事に出てきて、一安心。
到着ロビーを出ると、タクシーの客引きがいっぱいです。
顔がバリ島より濃くなった。

お迎えは、今回お世話になるDive Into Ambonというダイブセンターへ
送迎をお願いしていた。
よーく喋るアンボン人のドライバーが迎えに来てくれた。

彼は、アンボンの土地の安さや、ダイバーは日本人が減り中国人が
増えているとか、アラックのようなお酒Sopiの話してくれた。
いい人そうです。

空港から今回宿泊するMaluku Resort&Spa(ダイブセンター併設)までは、
約40分。道がまだ空いてるだけに運転が荒い‼︎



道路沿いには看板も出てない所ですが、中はいい雰囲気。





愛想の良いスタッフがお出迎えです。
そこにダイブセンターのボスMr. Barbが来てくれた。
予約前からメールでやりとりしてたので、親近感があるね。



こんな面白い物をくれました。
エコを考えたボトルでは無く、チューブです。
ここにお水を入れて、持ち運べます。
表面が分厚いビニールなので、破れたら終わりだね。

お部屋は、スタンダードツインルーム。
AC、ホットシャワー付き。
ミニバーはなかった。



アメニティーが事前に分からなかったけど、歯磨きセット、コーム、シャワーキャップ、
ソーイングセット、石けん、シャンプーは付いてました。
電気ポットとペットボトル置いてくれてます。
ホットウォーターの出がいいのが嬉しいですね。

荷物を置いたら、お決まりの周辺散策。
歩いて15分ほど行くとKioskがあるって。





観光客の姿は全くなし。
交通量もさほど多くない。
さびれた感じのローカルのお店しかない道。

有りました、Kiosk。
期待してなかったビールも冷えてる‼︎
早速買って、ローカルみたいに軒先きに座ってカンパーイ‼︎

今日はドーナツしか食べてないので、すぐに回ります。
あー、日がくれて来たよ。





おー、いい感じ~~。

さて、夕食。
事前情報ではディナービュッフェのはずでしたが、ダイブセンターのゲストは、
基本みんなで夜7時から会食だそうです。

ご一緒するゲストは、欧米人が3人と中国人2人とボスです。
英語が飛び交う会話に必死で付いて行く状況。
大変だー。

料理は、プチコース料理。
前菜、メイン、デザートが順番に出て来ます。
今日はドーナツデー。
デザートがまたドーナツでした。。。
もう、甘いのいらない。

ここはホテルのレストランではアルコールが出せない様で、
ダイブセンターで買えます。
ダイブセンターには各種ビールやワインが置いてますよ。
ビンタンビールの大瓶はRp60000-しますので…。

さー、早く潜りたいね~。
楽しみ~。





○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~ Facebook Badge START -->Jellyfish divers village | Facebookページも宣伝

Kanako Hasegawa | バナーを作成


○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~
<・jellyfish<<<バリ島ダイビングショップ情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
<・jellyfish<<<耳抜き情報
<・jellyfish<<<バリ島SUPヨガ情報
<・jellyfish<<<バリ島サヌールカイトサーフィン情報

category: マルク諸島アンボン

cm --   tb --   page top

10月17日 社員研修?アンボンへ No.1 

本日より21日まで社員研修?でアンボンへ行きます。

早朝から、空港へ送ってくれるはずのカデが来ない。
携帯に電話しても、出ない。
幸先悪い。。。

自分たちで車を運転し、とにかく空港へ向かいます。
どーやら、時間を朝と夕方で間違っていたようです。

朝7:00のフライト。
インドネシア国内線は、90分前には空港へ入る方がいい。
初のLoin Airなので、ちょっと心配。
数年前には、デンパサール空港でオーバーランしてるし。
でも、アジアではエアーアジアに次ぐLCCの大手なんですね。

Lion Airの国内線は受託荷物の重量制限が20kgまで行けるので、
有り難いですね。
ダイビング器材をメッシュバックに入れたら、一式の重量は13kgでした。
余裕~~‼︎

チェックインを済ませたら、いつものお店へ。



シュークリームとアイスコーヒーで朝食がわり。



ゆっくりと時間を潰そうと思ってたら、意外に早くにGate Openのアナウンスです。



バスで飛行機まで移動し、タラップから乗り込みます。
横3×3人シートの39列です。結構、大きいですね。
何ですが、人の配分が悪い。
前方は満席状態に詰め詰めなのに、後ろはガラガラ。
分けてくれればいいのに。。。

LCCなので、何もサービスがありません。

今回、アンボンまではスラバヤマカッサル二箇所で乗り継ぎです。
インドネシア国内で8時間以上掛かりますよ。

スラバヤまでは、50分。
経由でも、初めての場所に行くのはちょっとテンションが上がりますね。

定刻に到着。



スラバヤも大きな商業都市なので、空港も綺麗です。
こんな、美味しそうなお土産有りました。



お魚の燻製です。
専用のタレも付いて、箱に入れて売られてます。
帰路なら買ってたな~。

さて、今回は乗り継ぎが多く、昼食のタイミングが分からない。
飢えては辛いので、ダンキンドーナツ🍩を用意しておきましょう。



6個入りRp55000-。
甘いのを普段食べない私たちが、こんなに買っていいの?
まずは、スラバヤの空港で1個づつ食べます。

次に向かうはスラウェシ島の南部マカッサルへ。
多分、1時間半程のフライト。

スラバヤはバリ島より-1時間。
マカッサルはバリ島と同じ時間。
アンボンはバリ島+1時間。
時差が次々に変わるので、時間が分からなくなる~。

この間がよく揺れた~。
真面目に無事を祈りましたね。

マカッサルでのトランジット時間は30分強しかありません。
なのに、トランジットカウンターが、横入り当たり前のグチャグチャ状態。
グチャグチャなら、こっちも強引に突っ込んで行って、次のチケットを貰います。
このルールのない状況はまだまだ改善されませんね、インドネシア。。。

ドーナツが、邪魔~。
なので、搭乗後一気に2個づつ食べちゃいます。
1日にドーナツ3個を食べた事は初めて。
胸焼けしてるし…。

アンボンまでは1時間半のフライト。



窓から見える海はとても綺麗‼︎



ウトウトしてたら、アンボンに到着です。
アンボン人同士が、同郷のよしみで和気藹々としています。



飛行機は無事に到着ですが、荷物は大丈夫かなぁ~。
これだけトランジットが多いと荷物がちゃんと出てくるか心配…。

そんな心配も問題無く、荷物をピックアップしホテルへと向かいます。

続く。。。




○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~ Facebook Badge START -->Jellyfish divers village | Facebookページも宣伝

Kanako Hasegawa | バナーを作成


○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~
<・jellyfish<<<バリ島ダイビングショップ情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
<・jellyfish<<<耳抜き情報
<・jellyfish<<<バリ島SUPヨガ情報
<・jellyfish<<<バリ島サヌールカイトサーフィン情報

category: マルク諸島アンボン

cm --   tb --   page top

10月14日 生物いっぱい! 

ポイント:ブルーラグーン、カパル、ドロップオフ
海況:穏やか
水温:25-28℃
透明度:10-20m


本日もパダンバイでファンダイビング3ダイブです。



ゲストは、ご兄弟の結婚式でバリ島にお越しになったKさんです。

パダンバイの海況は穏やかで、朝は透明度も良く、水温は25-28℃でした。



初海外ダイビングのMさんは、1本目は少し緊張気味でしたが、
すぐにバリ島の海に慣れていらっしゃいました。
1本目はブルーラグーン、2本目はカパル、3本目はドロップオフに潜りましたが、
大物には出逢えませんでしたが、多種多様な水中生物が見れました。







5匹のハダカハオコゼ、大小のコブシメ、ハナヒゲウツボの成魚&幼魚、
スパインチークアネモネフィッシュやセバエアネモネフィッシュなどの固有種、
ギンガハゼやハタタテハゼ、ミドリリュウグウウミウシも数個体、
タイワンカマスやチョウハン、アカヒメジの群、潜水艦に仏像etc。

パダンバイの水中景色を満喫して来ました。



Kさん、本日はありがとうございました。
また、一緒に潜りましょう‼︎٩(^‿^)۶




○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~ Facebook Badge START -->Jellyfish divers village | Facebookページも宣伝

Kanako Hasegawa | バナーを作成


○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~
<・jellyfish<<<バリ島ダイビングショップ情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
<・jellyfish<<<耳抜き情報
<・jellyfish<<<バリ島SUPヨガ情報
<・jellyfish<<<バリ島サヌールカイトサーフィン情報

category: パダンバイ

cm --   tb --   page top

10月13日 躍動感。 

ポイント: Sakenan、sd
海況:カレント強
水温:29℃
透明度:20-25m


本日は、レンボンガン&ペニダ島でシュノーケリングです。
ゲストは、会社同僚の結婚式でバリ島へお越しになった、
Sさんご夫妻&Oさんご夫妻&Aさん&Sさんです。



皆さんでスピードボートを一隻チャーターしての贅沢シュノーケリングです。

道中はウネリでよく揺れましたが、ポイントに着けば水面は穏やかで温かく、
透明度の高い綺麗な水です。が、よーーーく流れた~‼︎
その流れに身を任せたドリフトシュノーケリングです。



皆さんとても泳ぎがお上手で、流れの中をガンガンに潜っていらっしゃいました。
今日の画像はどれもとても躍動感に溢れてますね‼︎



大物には出逢えませんでしたが、ビッシリと敷き詰められた枝サンゴと
乱舞する魚達を眼下に、とても気持ちよさそうに泳いでいらっしゃいました。



皆様、本日はありがとうございました。
またのお越しをお待ちしております‼︎(๑>◡<๑)




○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~ Facebook Badge START -->Jellyfish divers village | Facebookページも宣伝

Kanako Hasegawa | バナーを作成


○○<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~<・<<<<~~~~ <・<<<<~~~~
<・jellyfish<<<バリ島ダイビングショップ情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
<・jellyfish<<<耳抜き情報
<・jellyfish<<<バリ島SUPヨガ情報
<・jellyfish<<<バリ島サヌールカイトサーフィン情報

category: ヌサペニダ

cm --   tb --   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー