01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

バリ島ダイビング滞在日記

バリ島の海をこよなく愛するダイビングインストラクターのダイビングログや、バリ島の現地情報をお伝えしていきます!

テングチョウチョウウオ 【学名:Chetodon selene】 

tengutyoutyouuo
テングチョウチョウウオ photo by jellyfish divers village

初めて見たのは、パダンバイのブルーラグーンのサンドスロープ。
どこにでもいそうな配色ですが、いつも見ているチョウチョウウオと
何だかちょっと違う印象だったので、撮影。

和名由来は、口が突き出した姿からテングの鼻を連想させたから
だそうです。
なるほど。

一度、見かけると目が慣れるのか結構見つかるようになりましたが、
実は図鑑上、稀少種らしいです。
確かに、それまではあまり見かけなかったもんね。

斜めに入っている黄色い斑点がまた可愛らしいです。
魚って本当にいろんな色・模様がありますね~。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
スポンサーサイト

category: バリ島チョウチョウウオ

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 1   tb 0   page top

コラーレ・バタフライフィッシュ 【学名:Chetodon collare】 

collare
コラーレ・バタフライフィッシュ photo by jellyfish divers village

ある日のトランベン。
船内を覗きながら、ウロウロしていると、いつも入る部屋の中層に
このコラーレ君がおりました。

普段はあまり見かけないコラーレバタフライフィッシュ。
一瞬見間違いかと思いましたが、バディーにサインを送ると、
はやりそうでした。
このコラーレ君はタイのシミランで潜った時にはとっても沢山
いたのですが、こちらにくるとあまりいません。
バリ島で見たのは今回が初めてで、それ以降は見てないです。
って言ってるのは、私の話なので実際、他のポイントでもいるかも
知れませんが。。。(^_^;)

チョウチョウウオって結構普通に泳いでいて、皆同じに見えてし
まいますが、よ~く観察をすると、微妙な違いからその海の固有種
だったりするんですね。
それに気付いて、チョウチョウウオの観察が楽しくなりました。
そこで、日本から持って来てもらった「チョウチョウウオ ガイドブック」

guidebook
『チョウチョウウオ ガイドブック』 阪急コミュニケーションズ

これをみて、世界には色んなチョウチョウウオがいるんだな~っと
ますます興味が湧いてきました。
きっと、このバリ島にもまだまだ見慣れないチョウチョウウオがいるはず。
毎回のダイビングがさらに楽しみになってきました~♪
身近な生物を楽しめると、ダイビングの幅も広がるぞ!!

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報

category: バリ島チョウチョウウオ

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー