03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

バリ島ダイビング滞在日記

バリ島の海をこよなく愛するダイビングインストラクターのダイビングログや、バリ島の現地情報をお伝えしていきます!

ピンクフラッシャー 

pinkfrasher

photo by jellyfish divers village

こっちにきて初めて耳にした魚の名前、「ピンクフラッシャー」。
>>>なんですか?それ。
>>>ベラです。
>>>ベラ???ベラがなんで、そんなに持て囃されてるの?

そうなんです。その写真をわざわざ撮りに行くほど美しいベラ
なんです。

和名は「クジャクベラ」。
今回、撮影出来たのは、普通色の雄。
もっと貴重なのは、婚姻色の雄。
ピンクの身体が黄色に変化し、非常にカラフルな配色と、
ツンッと広げた背びれが豪華さを増します。
まだ、実物を見ることができません。

ベラはとっても動きが速いです。この画像が撮れるのに、
何回シャッターを押した事か。これも、数打ちゃ、当たるで
当たった1枚です。
写真は難し~い!!


<・|||<<<~~バリ島でダイビングするならコチラ
<・|||<<<~~シニアダイバーの方はコチラ
スポンサーサイト

category: セラヤ

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

アナモリチュウコシオリエビ 

anamorichukoshioriebi

photo by jellyfish divers village

3月27日(木)

天気:晴れ時々くもり
ロケーション:セラヤ
ポイント:セラヤビーチ・トゥカダブー
海況:深場流れ有り
透明度:20~25m

マクロ生物探しが楽しいダイブポイントのセラヤ。
本日も珍しい甲殻類狙いで入りました。
フリソデエビ、ホワイトソックス、トゲツノメエビ、
いずれも探せず・・・。

なのでいつもと少し場所を西へずらして、トゥカダブー
ポイントへ。
ここはセラヤビーチとは風景がかわり、魚影が濃く、
浅場からソフトコーラルが広がります。
その水深10m付近の岩穴から、二本の脚を真っ直ぐ
伸ばした生物を発見。脚がケモクジャラ、近づくとすっと
穴に引っ込むけど、またすぐに出てきます。
ヤドカリの一種かと思ってましたが、調べると通称「ロボコン」
というネーミングのついたアナモリチュウコシオリエビでした。
クリッとした目が印象的なかわいいエビ。確かに、ロボコンに
似ています。
ところで、ロボコン自体を知っている世代が減ってきている。
これじゃ、通称も通じないか・・・。

【生物】
***セラヤビーチ***
ハナミノカサゴ・レンゲウミウシ・ロングクロウシュリンプ・タテキン(yg)
ピンクフラッシャー・ムカデミノウミウシ・アンボンクリノイドシュリンプ・
ウミシダヤドリエビ・MUTANT WRASSE・ブッシュドノエル・フタイロカエルウオ・
サンゴガニ・ツノガニ・コノハガニ属・ニジギンポ・エリグロギンポ・ヒバシヨウジ
コバンアジ・クマドリカエルアンコウ(1cm・オレンジ)・ホシゾラウミウシ
クチナシイロウミウシ

***トゥカダブー***
DENDRONOTUS SP(スギノハウミウシ属)・リュウグウベラギンポ・ヨゴレヘビギンポ・
オニダルマオコゼ・ピンクフラッシャー・コクテンカタギ・アナモリチュウコシオリエビ・
ヒョウモンウミウシ・オトヒメウミウシ・バイオレットボクサーシュリンプ・オランウータンクラブ・
ランドールズピストルシュリンプ&ヤノダテハゼ・ヒントゥアネンシス・ヒメフエダイ群
カスミアジ・

★バリ島でダイビングするならコチラ
◆シニアダイバーはコチラ

category: セラヤ

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

体験ダイビング 

taikendive

photo by jellyfish divers village

3月23日

天気:晴れ
ロケーション:アメッド
ポイント:ジェメルックビーチ
海況:ベタ凪
透明度:15~20m

この日は体験ダイビングの担当でした。

体験ダイビングは、ダイビングのライセンスを持たない人が
インストラクターと一緒に比較的浅場を潜るまさにダイビングを
体験することができるダイビングです。

この日はバリ島で挙式され、その後、のんびりとお二人の時間を
過ごされているお二人。
初めの緊張はどこへやら、水中では沢山のお魚に大興奮!!
お二人の思い出の地、思い出の海になったバリ。
とっても嬉しいことです。

【生物】
ヒメツバメウオ・ツバメウオ・ササムロ・クラカケTT・デバSD・フタスジリュウキュウSD・メラネシアンアンティアス・パープルビューティ・ヘラヤガラ

★★バリ島でダイビングするならここ

category: アメッド

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ヒメツバメウオ 

himetsubameuo

photo by jellyfish divers village

3月22日

この日はアメッドでシュノーケリングでした。

アメッドは、ビーチから入ってほんの数メートルでサンゴ礁が広がっていて、
シュノーケリングでも十分に南国のサンゴ礁を堪能することが出来ます。

魚も豊富で、通年通してみれているのが、ツバメウオ。この前までは幼魚が
多かったですが、最近は成魚も浅瀬で見られます。
また、ササムロも群れていて、漁師さんに教えてあげたぐらいです。
枝サンゴには、デバスズメダイの幼魚が、出たり隠れたり。
ペアのクラカケチョウチョウウオがゆらゆらしています。

で、今回のヒットはこのヒメツバメウオ。
かなりの数が群れてます。それも水深3mぐらいで。

初めはヒメツバメウオというくらいですから、ツバメウオの小さいタイプだと
思ってたんですが、種別は違ってました。
ツバメウオはマンジュウダイ科で、このヒメツバメウオはヒメツバメウオ科なんですね。
図鑑だとハタンポ達と並んで載ってます。

基本的には海水で生活するのですが、川を遡上して淡水でも生活しているのも
いるらしいです。

体の大きさの割に目が大きくて、とってもキュートなお魚です。

category: アメッド

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ミヤケテグリ 

miyaketeguri

photo by jellyfish divers village

3月21日(金)

天気:晴れ時々曇り
ロケーション:パダンバイ
ポイント:ブルーラグーン・テンプル
海況:少しウネリ有
透明度:15~20m

21日は大潮。
その割には水面は穏やかでした。
流れも殆どありませんでした。
透明度は抜群に良く、とっても気持ちのよい水中。

このパダンバイの有名なポイント、ブルーラグーンには
通称?きのこの根という所があり、色んな生物が棲みついて
います。
今回は、最近、はまりつつあるネズッポ科のミヤケテグリ。
ここにはコワンテグリとミヤケテグリを見たことがあり、今回は
ミヤケ君でした。
ヒレを使ってヒョコッ、ヒョコッと動く姿がとっても愛嬌があります。

【生物】
===ブルーラグーン===
セグロチョウチョウウオ・ガーデンイール・ハダカハオコザ(白・クロ・紅)・ハナビラクマノミ・ツバメウオ(yg)・オレンジダムゼル・セグロリュウグウウミウシ・オトヒメエビ・ピンクスクワットロブスター

===テンプル===
ナポレオン(大・小)・オオモンカエルアンコウ・カクレクマノミ・ヒレナガネジリンボウ(4個体)・ムタントラッセ・キリンミノ・デバSD・アサドSD・アヤコショウダイ・イソバナガニ・パウダーブルーサージョンフィッシュ・レモンSD

category: パダンバイ

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

コバンハゼSP. 

kobanhaze

photo by jellyfish divers village

ミドリイシサンゴの中を覗いて見ると、スズメダイの幼魚達が隠れています。

更に、その陰に、チョロチョロと動く、小さなハゼが目に留まります。
それが、コバンハゼ。成魚の大きさは3.5~4.5cm程。
ペアや家族単位でサンゴに生活しています。
彼らを刺激すると、体の表面から粘液がでるらしく、それには毒があるそうです。

このコバンハゼとにかく、いろんな体色のものがいます。
今回写真に撮れたこの白っぽい子も図鑑には掲載されていませんでした。
なので、勝手にSPにしちゃいました。

今度は、コバンハゼの中でも、緑のボディーに赤い点々がある「アカテンコバンハゼ」
を写真に収めてみたい。
なかなかキレイで、かわいいヤツですよ。

category: アメッド

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ニチリンダテハゼ 

nichirindatehaze

photo by jellyfish divers village

3月18日(火)

天気:晴れ
ロケーション:アメッド
ポイント:ジェメリックライトウォール
     ジェメリックビーチ
海況:水面湖!
透明度:20m~

今回はいつもとは違うライトウォールを調査ダイブ。
ビーチからエントリーし、サンドスロープを下りながらウォールに差し掛かる。
ここのアンダーはまだ浅く、最大40mぐらいでしょうか。
透明度がとってもいいため、下までよく見えてます。

本当は、ここにクジャクベラの婚姻色のピンクフラッシャーという魚目当て
でしたが、今回は見つからず、意外や意外、こんなところでニチリンダテハゼ
に遭遇しました。
水深25m程のオーバーハングの岩陰に2個体。キレイに背びれを広げこちらを
チラッと見てくれました。
思わずパチッ!
我ながら、ニチリンダテハゼのよい表情が撮れました!
ずっと、ここにいてくれるといいな~。

【生物】 *SD=スズメダイ・yg=幼魚 
***ライトウォール***
ニチリンダテハゼ・キカモヨウウミウシ・オオメハゼ・ロイヤルドティーバック・アカイソハゼ・ツバメウオ・ゴールドスペックドジョーフィッシュ・ムスジコショウダイ(yg)・タテジマキンチャクダイ・タテジマヤッコ(yg)・ミスジリュウキュウSD・フタスジリュウキュウSD・デバSD・ネッタイSD・クロオビSD・アサドSD・セホシサンカクハゼ・ハナゴンベ・パープルビューティー・ガラスハゼ・コバンハゼ・オオウミウマ

***ジェメルックビーチ***
サラサウミウシ・ササムロ大群・チョウチョウコショウダイ(yg)・ヤイトハタ・フタホソアトヒキテンジクダイ(稀種)・ホホスジタルミ(yg)・ヘコアユ・アカホシカニダマシ・ツバメウオ(yg)・センテンイロウミウシ

category: アメッド

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

スグロダテハゼ 

sugurodatehaze

photo by jellyfish divers village

トランベンの砂地に、いつも見慣れたダテハゼとは違うハゼが。

ダテハゼ属は沢山いる為、よっぽどキレイな配色でないとカメラを
むけませんが、何となく気になる存在。

帰って図鑑で調べるとスグロダテハゼと分かった。
ネットでも調べてみると、1件の掲載しかない。
図鑑にも、「ダテハゼ属では稀種」と書かれている。
どうやら、やはり珍しいみたい。
これ以来、彼には会うことが出来ない。。。

category: バリ島珍種

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb --   page top

コーラレバタフライフィッシュ 

コーラレバタフライフィッシュ


photo by jellyfish divers village

トランベンの沈船ポイント。
この沈船は船室だった所も今は鉄骨だけになっていて、
ダイビングでもその中をうろうろとすることが出来ます。

その船室でふと上を見上げると、この辺りではあまり見かける
ことのない、コーラレバタフライフィッシュが壁に寄り添うように
いました。

タイでも潜った時には、結構頻繁に見れたのですが、ここでは
初めて。
嬉しくなって思わず大接近してしまいました!!

category: トランベン

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

バリ島マクロポイント 

semihoubou1

semihoubou2

photp by jellyfish divers village

3月11日(火)
天気:晴れ
ロケーション:セラヤ
ポイント:レフトサイド
海況:水面ベタ凪・カレント少し有
透明度:15~20m

マクロ生物が豊富なセラヤ。
珍しいエビ・カニやウミウシが豊富で、フォト派のダイバーには
とっても楽しめるポイントです。
私もここで、珍しい生物を探し、写真を撮ることが大好きです♪♪

ポイントもかなりローカルな場所にあるため、ダイバーも少なく、
じっくりと楽しめます。
本日のトータル潜水時間は221分でした。
長い!

しかし、今回はいつも見れるフリソデエビやコールマンシュリンプに
であえず、少しフラストレーション気味です。。。
で、ここで初めて見たのがこのセミホウボウ。
始めはヒレを閉じてたので、何だこれ?という感じで見ていました、
ヒレを広げたその美しい蒼いヒレに思わず「お~!!」と。
バリで見たのはまだ、2回目です。
この子、カサゴ目に入りますが、結構かわいい顔をしております。

【生物】
マダラウミウシ・オトヒメエビ・コマチコシオリエビ・クチナシイロウミウシ・ムカデミノウミウシ・ピカチューウミウシ・ロングクロウシュリンプ・オシャレカクレエビ・フタイロカエルウオ(yg)・ニシキフウライウオ・クリアクリーナーシュリンプ・ワカヨウジ・トガリモエビ・ピンクフラッシャー・ブッシュドノエルウミウシ・コウワンテグリ・セミホウボウ・コノハガニ・キイッポンウミウシ・シンデレラウミウシ(yg)・レンゲウミウシ・mutant wrasse・ガーデンイール・ヘリゴイシウツボ・コバンアジ・バラクーダ・ヒプセロドリスニグロストリアタSP

category: セラヤ

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb --   page top

ウルマカサゴ 

バリ島の東部にあるパダンバイというダイビングポイント。
パダンバイという街は、隣のロンボク島へのフェリーが発着する港町。
ですが、決して賑やかでもなく、さびしくもなく、何とも落ち着いた街です。

そこからジュクンというローカルのボートに乗って約5分。
ブルーラグーンというポイントがあります。
そこは海底が白砂でとってもトロピカルムードに溢れています。
その白砂のサンドスロープを降りていくと、何やらモゾモゾと動いています。
一瞬???
よ~く観ると、このおじさんのようなカサゴでした。
動き方がまた変!
目の下方にある3本程の脚?おそらくヒレでひょこひょこと前に進みます。
あまりの奇妙さに思わずシャッターを押してしまいました。

urumakasago.jpg

category: パダンバイ

thread: 書いとこ~♪_Ф(・。・ ) - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ゼブラバットフィッシュ 

本日は、バリ島で見られる珍しいお魚を紹介します。

ゼブラバットフィッシュ、なんともかっこいい名前の魚。
馬が鬣をなびかせて走っているような印象の魚。
英名はHumped Batfish(ハンプテッドバットフィッシュ)。
和名はまだありません。
ゼブラバットフィッシュの名前は、この幼魚の模様から由来
しているようです。

この魚はいつでも見れるわけではありません。
バリ島北部にあるPURI JATI(通称PJ)というポイントで、
私が初めて見たのは2007年の11月でした。
バリ島の雨季にしから見られません。
確かに乾季では全くおりませんでした。

これを見つけた時は、水中で大興奮!!
写真撮りまくりです。
他でもなかなか見れない魚です!!ゼブラバットフィッシュ

photo by jellyfish divers village

category: バリ島珍種

thread: 写真日記 - janre: 日記

cm 0   tb --   page top

穏やかだけど・・・ 

本日からバリ島の海を紹介するダイビングログのブログを始めました!
レアな生物からよくいる生物を写真に収めながらダイビングを楽しんでます。
では、早速===

2月29日
●天気:晴れ・風なし
●ロケーション: トランベン
●ポイント: シップレック・ドロップオフ・リバー
●海況: 水面ベタ凪・水中やや流れあり
●透明度: シップレック 10~15m
      ドロップオフ 5~10m
      リバー 5~10m

ここ最近荒れ気味だったトランベンの海が本日はベタ凪。3日ほど前に潜った時は水面さざなみで透明度が20m越えだったので、本日の海況は透明度も期待大!が・・・。
 エントリーしてみると、景色が緑っぽい。透明度が良くない。ワイドモードで入ってみたものの、マクロに切り替え。しかし、1本目は大物が出ました。いつものギンガメアジはもちろんのこと、その群の先頭にロウニンアジ。その下に2匹のナポレオンがおりました。少々流れがあったもののワイドの撮影も出来ました。
2本目も透明度は上がらないため初めからマクロモード。ウォールにかかるまでに多数のウミウシが登場し、時間の半分以上をそこで費やしました。おかげで今までに見たことのないウミウシにも遭遇しました。そのウミウシの名前がまだ分かりません。
3本目はさらに透明度が落ちた模様。。。とはいえもともとマクロのポイント。特にクマノミ城が面白い。
5種類のクマノミがワンサカ。今日発見しました。麻呂のクマノミ。セジロクマノミに麻呂眉毛模様が!
こいつはかわいいです。アイドルにしようかしら。。。マロセジロクマノミ


photo by jellyfish divers village


●生物
【シップレック】 ブラックフィンバラクーダ・スパインチークアネモネフィッシュ・アカククリ・ギンガメアジ群・ロウニンアジ・アカフチリュウグウウミウシ・ナポレオンフィッシュ・アカヒゲカクレエビ・クダゴンベ・リボンドグラント・コロダイ(yg)

【ドロップオフ】サラサハゼ・クチナシイロウミウシ・レンゲウミウシ・ホシゾラウミウシ・セバエクマノミ・クリアクリーナーシュリンプ・ハナイロウミウシ・ヒレフリサンカクハゼ・パープルビューティー・ホソヒラアジ・サキシマミノウミウシ・ウミシダヤドリエビ・アデヤカミノウミウシ・キンセンフエダイ・カスミチョウチョウウオ

【リバー】セトリュウグウウミウシ(yg)・クロモドリスヒントゥアネンシス・ロングクローシュリンプ・キイロイボウミウシ・タヌキイロウミウシ(yg)・ハナヒゲウツボ(2匹)・シライトウミウシ・キモガニ・ハナビラクマノミ・スパインチークアネモネフィッシュ・カクレクマノミ・セジロクマノミ・ウメイロモドキ・ムレハタタテハゼ

category: トランベン

thread: ブログ始めました! - janre: 日記

cm 0   tb --   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー