04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

バリ島ダイビング滞在日記

バリ島の海をこよなく愛するダイビングインストラクターのダイビングログや、バリ島の現地情報をお伝えしていきます!

5月31日 シュノーケリングログ 

5月31日 シュノーケリング

ロケーション:パダンバイ
ポイント:タンジュンジュプン・ブルーラグーン
海況:穏やか
透明度:10~15m
水温:28℃

5月31日シュノーケリング2
photo by Slow Divers

本日のゲストは親子でご参加頂きました。
初めてのバリ島、初めてのバリの海に、初めはドキドキで
なかなかフロート(浮き輪)から手を放せませんでしたが、
徐々にお水の感覚にも慣れて、最後には自由にシュノーケリ
ングを楽しむことが出来ました。

お母様は70才を超えられてのシュノーケリングに挑戦!
いつまでも新しいことに挑戦しようと思うその意欲、
とっても感心させられてしまいます。(*^_^*)

また、是非、遊びにいらして下さいね~(^^)/~~~

<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報
スポンサーサイト

category: パダンバイ

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

バリ島の陶磁器が人気=インドネシア政府も紹介に力 

最近、かなり人気が高いようですね。
観光ツアーのルートにもなっているようです。
私も、ここの陶器は好きで、見ていて飽きません。
値段もお手ごろなので、結構皆さんまとめ買いして
帰られてます。
ちなみに、ここジェンガラケラミックのアウトレット店が
サヌールにあります。
そこもかなりお手ごろですよ~。(*^_^*)
=========================================
ジェンガラ2

独特の信仰が生活に根付き、舞踊や伝統音楽のガムランなどが訪れる者を魅了するインドネシアのバリ島。
同島のメーカーで生産されているモダンで洗練されたデザインの陶磁器が近年、欧州や日本で人気を集めている。世界各地の高級リゾートホテルで使われたことで人気に火が付き、インドネシア政府も紹介に力を入れている。
 この陶磁器メーカーは「ジェンガラ社」で、1976年にニュージーランド人のデザイナー、ブレント・ヘスリン氏とインドネシア人のホテル経営者のウィジャ・ワオルントゥ氏らがバリ島で制作を始めた。
西洋的なデザインにアジア風の要素を取り入れたのが特徴で、皿やコップ、茶器などさまざまな陶磁器があり、色もシンプルな白から鮮やかな赤までさまざまだ。
 約1万1000平方メートルの工場では約250人が作業に従事。型作りや彩色などの工程は手作業で、月の生産量は約4万個。代理店を通じて日本にも輸出している。
 セールスマネジャーのザニー・チャンドラ氏は同社の成長理由について、「上質でモダンなデザインの製品をつくるというブランド戦略が奏功し、世界の一流ホテルで使ってもらえるようになった」と説明。同社の店舗で皿などを買ったオーストラリア人のピーター・スミスさん(50)は「デザインがとても個性的だ」と気に入った様子だった。
【Yahooニュースより転載】
=========================================
<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

バリ島でメチル酒で16人が中毒死 

ちょうど先日、こんなニュースが入ってくる前にバリ人の知人が
我が家にやって来て、お酒好きの私達に忠告してくれてたんです。
「悪いお酒が出されてるから注意してね!」って。
これ↓のことだったんですね。

========================================
日本人にも人気の高いインドネシアのリゾート地バリ島で、
先週末から有毒なメチルアルコールを混ぜた酒による中毒死が多発し、
地元病院の医師によると、28日までに16人が死亡した。
 同医師によれば、犠牲者はバリ島内の異なる地域から搬送されてきた。
現在も8人が入院している。
死者は18歳から39歳までで、うち14人が男性だった。 
【Yahooニュースより転載】
========================================

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

5月29日 ダイビングログ 

5月29日

ロケーション:トランベン
ポイント:ドロップオフ、ザ・リバー
海況:午後波あり、少しカレント有
透明度:10~15m
水温:28℃

本日は、シニアダイバーのリピーターさん。
トランベンの沈船を楽しみにして来られたのですが、
沈船の方が少し波が当っていたので、ドロップオフと
ザ・リバーに潜りましたが、どうもいつものトランベンとは違い、
ウォール掛から、アゲンストの流れが出てるし、何よりオックスアイスキャッドの
姿が1匹もいませんでした。
これは、異常としか思えません。
この変な潮のせいでしょうね~(~_~;)

2本目のザ・リバーもフォローの潮、アゲンストの潮があり、
何とも泳ぎにくい海況でした。
それでも、ハナヒゲウツボは顔を出してくれていたので、
あの美しい青色のウツボをみてゲストも大満足でした。
上がってきたら、すっかり波もおさまってましたので、
今は昼過ぎから夕方の海況が一番落ち着いているかもな~。
でも、そんな時間まで待てませんね。(^_^;)


<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: トランベン

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

5月28日 ダイビングログ 

今までで一番ハードなダイブログとなりました~(^_^;)

5月28日

ロケーション:ヌサペニダ
ポイント:マンタポイント、クリスタルベイ
海況:マンタポイント・・・少しウネリ有
    クリスタルベイ・・・少しカレント有
水温:マンタポイント・・・27℃、クリスタルベイ・・・24℃
透明度:マンタポイント・・・10~15m
     クリスタルベイ・・・15~20m

マンタ
マンタポイント photo by jellyfish divers village

マンタポイントまでの道中、船で約40分。
少々波に叩かれ、1名がギブアップとなる幕開けでした。
ポイントでは、さほどうねりもなく、入って早々に4枚のマンタが
横を通り過ぎ、間近でマンタをじっくりと観察することが出来ました。
もちろん、その中にはブラックマンタも!
このポイントはやっぱりダイナミックですね~。

2本目は、これからマンボウで賑わうクリスタルベイ。
でも、この日は船も2隻のみ。
水温も低く、流れもありましたが、引き潮だったため、
マンボウは狙わず、浅瀬の美しいサンゴ礁観察となりました。
そろそろ水温低くなってます。
3mmウエットじゃ、もう耐えれません。
5mmウエットとインナー着ても寒かった~(^_^;)

さらに、この後、トランベンへ移動し、ナイトダイブを含む2本潜りました。

ロケーション:トランベン
ポイント:レック×2本
海況:穏やか
透明度:15~20m
水温:30℃

カンムリブダイ
カンムリブダイ photo by jellyfish divers village

本日3本目は夕方4時過ぎにエントリー。
既に水中は薄暗くなってきており、レックを寝床とする
カンムリブダイが数匹、戻ってきていました。
ナポレオンも、ダイバーの少なくなったレックをのんびりと
泳いでいます。
こんな中途半端な時間のダイビングも結構楽しいかもと
思ってます。

そして、本日のラスト、4本目はナイトダイビング。
お客様6名連れてのナイトダイビングは結構緊張しましたが、
水中ライトのあかりが目印になるので、意外と管理しやすかったです。
やはり、ここのナイトダイブの目玉は、多数のカンムリブダイと
フラッシュライトという魚。
フラッシュライトとは、眼の下に発光体をもつ魚で、水中でライトを消して
観察すると、彼らの発光体が光り、彼らの泳ぐと光の川が見えるのです。
これはこれは美しいですよ!
今回、初めてのナイトダイブで緊張の面持ちだったゲストも、最後にグ~ンと
テンションアップしてました。

朝から晩までのダイビング、どうもお疲れ様でした(*^_^*)
こんな、体育会系のダイビングもたまにはいいな~。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: ヌサペニダ

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

総領事館からのお知らせ:新型インフルエンザ関連情報(5月26日) 

またまた、領事館から豚インフルエンザに関するメールが届きました。
内容は、以下の通りです。

=========================================
【総領事館からのお知らせ:新型インフルエンザ関連情報】

                   平成21年5月26日(総09第36号)
                   在デンパサール日本国総領事館

~新型インフルエンザ関連情報(日本政府の基本的対処方針等)~

1.インドネシア及び近隣諸国・地域の状況
(1)インドネシア保健省によると、25日現在、新型インフルエンザ
(A/H1N1)の感染事例はインドネシア国内において報告されていません。
(2)5月21日、フィリピンで新型インフルエンザの感染者が確認されまし
た。また、タイ及びマレーシアでは、これまでにそれぞれ2名、台湾では3名の新
型インフルエンザの感染者が確認されています。

2.日本政府の基本的対処方針
(1)5月22日、日本政府は、今回の新型インフルエンザ(A/H1N1)の特
徴を踏まえて、現行の強毒性の鳥インフルエンザ(H5N1)を念頭に策定された
「新型インフルエンザ対策行動計画」をそのまま適用するのではなく、地域の実情
に応じた柔軟な対応を行っていく必要があるとする基本的対処方針を発表しまし
た。詳しく
は、http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/dl/090522-03.pdfをご参照
ください。

(2)また、同日、新型インフルエンザの世界的な感染拡大やウイルスの毒性に関
する判断、メキシコにおける新型インフルエンザの最近の感染状況や医療体制の状
況等を踏まえて、メキシコに対する感染症危険情報及び査証措置を次の通り見直
し・緩和することとしました。
(イ)4月28日付けで発出しました「同国への不要不急の渡航の延期」及び「同
国に滞在する邦人の可能な限りの早期退避」を呼びかける感染症危険情報につい
て、他の感染国に対するものと同様、渡航・滞在の際は「十分注意」するよう呼び
かける内容とし、5月22日付けで、他の感染国に対して発出している感染症危険
情報に統合しました。詳しくは、http://www.anzen.mofa.go.jp/をご参照ください
(ロ)4月28日以降行っていたメキシコに対する査証免除措置の一時停止を5月
22日付けで解除しました。

(3)日本国内の感染発生状況及び感染防止対策については、厚生労働省ホーム
ページ及び感染発生地域の地方自治体(大阪府、兵庫県、神戸市等)のホームペー
ジ等により最新情報を入手するようお願い致します。

当館としましては、引き続き状況を注視し、今後、関連情報を迅速に提供していく
所存です。在留邦人の皆様におかれましては、警戒を行いつつ、正確な情報に基づ
いた冷静な対応を行うようお願いします。
在留邦人の皆様におかれましては、今後とも新聞・テレビ等を通じて関連情報の入
手に努めていただくとともに、事態の推移を注視してください。


=========================================
豚インフルエンザも、感染者は出ているものの、
注意レベルが大分緩くなってきましたね。
早く終息してくれるといいな~。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

ブンガ・パゴダ(Bunga pagoda=寺の花) 

いつもの散歩道。
ふと小さい路地に眼を向けると、
何とも存在感あるこの花が咲いていました。↓
パゴタフラワー1
パゴタフラワー2
ブンガ・パゴダ photo by jellyfish divers village

・英名:Pagoda flower(パゴダ・フラワー)
・日本語名:シマヒギリ(シマ緋桐)
・インドネシア語名:Bunga pagoda(ブンガ・パゴダ=寺の花),
            Tumbak raja(トゥンバック・ラジャ=王様の槍)
・バリ語名:Senggugu(スンググ=小海老)

ここでは、一つだけしか咲いてませんでしたが、群生している
所もあるようです。
このボリュームで群生していたら、かなりの豪華さですね。

バリ語名が小海老と言っているところが何となく分かる気が。
桜海老に見えるのでしょう。(^_^;)

色んな形の花があるのもですね。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

5月26日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、晴れ時々曇りです。
今は少し薄雲が広がり、日差しも弱くなっています。
でも、またカンカン照りになるとおもいますが。

両替レートは、
¥1=RP107前後
US$1=RP10100前後
です。

今日の目覚めは悪かった~。。。
プチュ、プチュ、プチュ・・・

何の音かと思って目を覚ますと、飼い猫の1匹が、
旦那様が暑くて脱いだTシャツの上で、ウ●チをしてるじゃないですか!
それも、ゆるいのを・・・(-_-;)

いつも使っているトイレの砂が汚れてしまっていたようで、
非常にデリケートなこの猫が粗相をしてしまったのです。

その前に何だか鳴いてるな~と思ってたのですが、
それが、
「トイレ汚いよ~」
の訴えだったとは・・・。

猫って本当にキレイ好きなんですよね~。
気をつけてあげないと。
それにしてもな~。
目覚まし時計より効果のある「音」でしたよ。(^_^;)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

いのちの祭り IN BALI 

5月23日に、バリ島にてこのようなイベントが行われました。

■山本寛斎氏の「いのちの祭り」日イでともに作り上げる

いのちの祭2

昨年の日本とインドネシアの国交樹立五十周年を記念し、有名ファッションデザイナーでイベントプロデューサーでもある山本寛斎氏が手掛けるショー「FESTIVAL OF LIFE~いのちの祭り~イン・インドネシア」が二十三日夜、バリ島のガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ公園(GWK)で開かれた。日イのこれからの五十年を盛り上げるきっかけにしようと企画されたイベントは、日本の炎太鼓やガムラン演奏、神輿(みこし)やバリ舞踊などを融合させたもの。観客も竹で作った拍子木を手にショーに参加し、キャストとスタッフと一つになって盛大な祭りを作り上げた。
 ショーには日本から、福田康夫前首相(日本インドネシア協会会長)、塩尻孝二郎・駐インドネシア日本大使、インドネシアからはマリ・パンゲストゥ貿易相、インドネシア日本友好協会(PPIJ)のギナンジャール・カルタサスミタ会長、ラフマット・ゴーベル理事長、バリ州のマデ・マンク・パスティカ州知事らが出席した。タントウィ・ヤフヤさんとヘル・サントソさんのMCに続き、福田会長とギナンジャール会長があいさつした後、寛斎さんが登場。ショーの幕が切って落とされた。
 会場では、舞台となる広場の後方にそびえる切り立った岩石の上に巨大たいまつが灯され、バリの夜空を赤く染める。炎太鼓の力強い響きに合わせ、有名なケチャの舞踏家クトゥット・リナさんが、たいまつを振り回し、炎の舞いを披露。そして、バリのオゴオゴと日本の神輿の要素を組み合わせた龍と虎が登場した。
 「うおりゃー」。寛斎さんの掛け声に合わせ、日本を龍、インドネシアを虎に見立てた二つの神輿、長い竹の棒を持ち、黄色と赤の法被(はっぴ)を着たインドネシア人の青年たちがぶつかり合う。
 決闘を終えると、それまでの荒々しさを鎮めるかのように、レゴンダンスの踊り子たちに導かれるようにして、バリ風の神輿に乗った歌手のアグネス・モニカさんが登場した。
 会場は一転して幻想的な雰囲気に。インドネシアで絶大な人気を誇るアグネスさんが「インドネシア・プサカ」を歌い始めると観客からも歌声が聞こえ始める。
 牛の親子に先導され、茶色のコスチュームに身を包んだバリ日本語補修校の子どもたちが、手描きの動物のお面を頭に乗せ、会場を周回する。ガチョウの一群も姿を見せ、会場は温かい笑みに包まれた。
 全身が葉っぱに覆われた踊り子たちが自然をたたえた後、緑と赤の竹打ち隊を従えた里アンナさんが姿を見せた。
 島歌で知られる里さんがゆったりと伸びやかな節を紡ぎ上げるのに合わせ、ショーの一番の見せ場となる龍と虎を模した巨大な熱気球が打ち上げられた。
 気球のゴンドラ部分には、二人の子どもが乗り込んだ。そのバックでは、将来を担う子どもたちに日イ友好の灯火を引き継いでいくかのように、中に火を灯した数百個の紙風船がバリの空に放たれ、一時間強のショーは閉幕した。
 これまで、東京ドームで二〇〇七年に行われた寛斎氏のショーなども鑑賞したことのある福田前首相は「インドネシアの文化と融合し、寛斎さんらしい奇想天外な出し物がたくさんあるショーだった。日本とインドネシアのこれからに向けた一年として、われわれも頑張っていきたい」と感想を語った。

【じゃかるた新聞より転載】

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

人間と猿の共生・・・ウルワツ寺院の猿 

バリ島にはいくつかの猿ゾーンがあります。
ウブドにはモンキーホレストという、猿の公園もあります。
悪名高いのが、ウルワツの猿。

何故か?
手癖が悪いのです。
観光客のメガネ、帽子、ヘアピンなどサッ!と盗んで行きます。

昨日、ウルワツ寺院で見たこのぷくぷくの猿。↓
ウルワツの猿
ウルワツ寺院の猿 photo by jellyfish divers village

近くに座ってしゃべっていたインドネシア人観光客のメガネを奪う。
もちろん簡単には返してくれない。
そこで、ウルワツ寺院のチケット売りの人が、袋入りのフルーツを
猿の投げる。
猿は、持っていたメガネを手放す、やっとメガネが戻ってくる。

ほっとした束の間。
女の子の喚声が!

今度は、これまた近くで座っていた中学生らしい女の子
サンダル片方を奪う。
絶対にすんなり返さない。
また、ウルワツ寺院のチケット売りの人が、袋入りのフルーツを投げる。
サンダルを手放す。
サンダル戻る。

同じ事を、他のおじさんもやられていた。

この数分間でこの猿は3つものフルーツをゲットした事になる。
そりゃ、太るわけだ。

この行為、「人間と猿の共生」と言われています。
何故かと言うと、人間が猿にこの悪戯を教え、取られた物を
取り返すために、観光客にフルーツを高値で売る。というモノだ。
本当か、ウソかは定かではありませんが、そんな猿の習性を
生かして商売をする人間はやはり賢いですね~。(^_^;)

とにもかくにも、ウルワツ寺院観光はお気をつけ下さいませ。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

5月25日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、快晴です。
空気もカラッとしていて、気持ちのよい1日となってます。
昨日は、所々でスコールがありました。
今日はないかな?

両替レートは、
¥1=RP108前後、
US$1=RP10200前後
です。

昨日は、ウブドを2時間ほどウロウロしてきました。
賑やかではない、裏の道を散歩してみたのですが、
こんなバナナを発見しました!↓
バナナ
バナナ photo by jellyfish divers village

この長いものは全てバナナの実なんです。
なんでこんなに房が長いのでしょう!
こういう種類だとは思いますが、これじゃ、バナナの幹は
絶えられないでしょうね。
黄色くなるのかな~。
食べれるのかな~。
不思議なバナナです。(*^_^*)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

インドネシアのゴーヤ(PARE) 

ここバリ島にもゴーヤ(PARE)があります。
日本で見るゴーヤよりも短く、細めです。↓
ゴーヤ
PARE photo by jellyfish divers village

ゴーヤというのは、ある種方言なんですね。
和名は苦瓜ですもんね。
で、これめちゃくちゃ苦かったです。
前日にゴーヤチャンプルにして食べた時は
まだ気にならなかったんですが、
カレーにゴーヤを入れてみたら、カレーが緑色になり、
めちゃくちゃ苦いゴーヤカレーになってしまいました。
苦さをごまかすためにどれだけケチャップマニス(甘口ソース)
を入れたことか。(^_^;)

でも、ゴーヤってビタミンCが豊富で、熱を加えても壊れにくい
らしいので、体にはいいんですね。
調理方法を間違えちゃったな~。。。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: インドネシア料理

thread: 日記 - janre: 日記

cm 1   tb 0   page top

5月23日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、朝、曇り時々小雨、
昼から晴れでした。

両替レートは、
¥1=RP106前後、
US$1=RP10100前後
です。

今日、バリ島ではこんなイベントが行われます。↓
いのちの祭


■山本寛斎プロデュース“Festival of Life ~いのちの祭~ in INDONESIA”

93年ロシア12万人、95年ベトナム20万人、97年インド5万人、そして日本を合わせると、累計120万人以上もの人々を魅了してきた“KANSAI SUPER SHOW”!
そして2009年5月23日(土)、いよいよバリ島で“いのちの祭in INDONESIA”が開催されます。このイベントは、2008年国交樹立50周年を迎えたインドネシアと日本が、これまで培ってきた友好関係の継続、そして更なる両国の関係強化と発展を目指し、これからの有効50年へ向け、前代未聞、大感動のステージとなることでしょう!!
日本の祭りとバリ舞踊、和太鼓の響きとガムランの響き・・・
両国の美と魂が激しく交流する“いのちの祭”がここにあります!!
【Visit INDONESIAより転載】

数日続くのかと思ったら、今日だけだったんですね~。
行ってみればよかった・・・。
残念。(^_^;)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 2   tb 0   page top

ブリーディング・ハート・ヴァイン 

あっ!と私の目を引いたこのお花。
赤・白・ピンクの花びらが同じ木から咲いていて、
そのコントラストがとても美しい!

ブリーティング・ハート・ヴァイン
ブリーティング・ハート・ヴァイン photo by jellyfish divers village

・英名:Bleeding heart vine(ブリーディング・ハート・ヴァイン),
     Bleedhing glory bower(ブリーディング・グローリー・バワー),
     Bag flower(バッグ・フラワー)
・日本語名:ゲンペイカズラ(源平葛)、ゲンペイクサギ(源平臭木)
・バリ語名:なし
・インドネシア語名:なし

日本のゲンペイカズラとは全く花の雰囲気が違います。
日本のはこちら。↓
ゲンペイカズラ
ゲンペイカズラ

日本では鉢植えにされているのが多いようですが、
私が見たものは普通に木に咲いています。
どちらもはっきり、くっきりとした、しゃんとした花ですね!
ついつい、この花は見惚れてしまいます。(*^_^*)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

5月22日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、晴れです。
朝方は少し雲が覆っていましたが、今はすっかり
青空です。
これから、どんどん気温が上がりそうです・・・(~_~;)

両替レートは、
¥1=RP108前後、
US$1=RP10200前後
です。

今日は早朝から、「ゴ~、ゴ~」という
音と共に、害虫駆除がされました。↓
害虫駆除1

害虫駆除2
photo by jellyfish divers village

毎年この時期になると、この煙だらけになる害虫駆除が
施されます。
一人の男性が、薬剤を背負って噴霧していくのですが、
その量が多いのか煙となり、もうもうとたちこめます。
我が家の目の前は、幹線道路なので交通量も結構ある
のですが、この煙が道路まで広がるので運転も危なそうです。
臭いも結構なものです。
この煙の中から逃げてくる人々、殺虫剤を振られる虫と
同じように見えてきます。。。

デング熱が少し流行ってきているようなので、早目、早目の
対策は有難いです。

それにしても、非常にダイレクトな殺虫方法ですね~。(^_^;)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

5月21日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、快晴です!
風もそよそよと気持ちよく吹いています。

今日はインドネシアの祭日「キリスト教昇天祭」で世間はお休み。
お客さんのいない、うちのお店もお休みです。

キリスト昇天の祝日はキリスト教の典礼暦の中でもっとも大きな祝い
の一つであり、教派を超えて広範に祝われているそうですが、
バリ島では全くそんな雰囲気は伝わりません。

両替レートは、
¥1=RP108前後、
US$1=RP10200前後
です。

先日のダイビングポイント、セラヤでこんな風景に出逢いました。↓
カンビン1

カンビン2
カンビン photo by jellyfish divers village

ダイビングを終えて、海から上がってくると、山羊(野良?)が
器材洗い場をうろうろと・・・
お水が飲みたいのか、うろうろと・・・

こちらの山羊は日本の山羊と比べて耳がダラ~ンと長く、
垂れ下がっていますね。
顔の輪郭の少し細い気がします。

この山羊達は恐らくは、いずれサテ(串焼き)にされるのでしょう。
インドネシアでは、サテ・カンビン(山羊肉の串焼き)、グレ・カンビン(山羊肉の
カレー)などの郷土料理が有名です。
路上の屋台でよく、煙を上げて焼かれてますね。
あの臭いがまた食欲をそそるのです。
そのサテの中で、先日、「サテ・パダン」というカキリマ(移動屋台)を
発見しました。
サテの上にカレーソースをかけて食べるようです。
まだ、食べたことがないので、次回の楽しみにします!

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

総領事館からのお知らせ:バリ安全対策情報(5月) 

最近、頻繁に領事館からメールが届きます。
今回は、豚インフルエンザ以外のニュースにも少し驚きました。
以下、その内容です。

=========================================
【総領事館からのお知らせ:バリ安全対策情報(5月)】

平成21年5月18日(総09第35号)
在デンパサール日本国総領事館

安全対策情報(5月)

1.治安情勢
(1)4月12日、ニュージランド人観光客がクタ地区のバウンティ・ディスコで
従業員ともめた後、何者かに殺害された。警察は容疑者3名を逮捕した模様。
(2)バリ州警察本部は、半裸状態でバイクに乗っている外国人観光客を取り締ま
るとともに、薬物等の犯罪についても取り締まるよう指示を発している。

2.新型インフルエンザ関連
(1)WHO発表(日本時間5月13日午後3時現在)
(イ)感染確認国は33カ国、感染者数5,728名(前日より477名増)。
メキシコ以外で死亡者が発生しているのは、米国、カナダ、コスタリカ。
(ロ)フェーズ6への引き上げについては、5月4日のWHO事務局記者会見等に
よれば、継続的な感染がアメリカ地域以外で確認された場合に行われる。

(2)日本国外務省の対応
 (イ)4月28日、メキシコ向けに「不要不急の渡航の延期(渡航者向け)」及
び「可能な場合は退避の検討(在留者向け)」を促す感染症危険情報を発出し、関係
機関に通報するとともに外務省ホームページに掲載。
 (ロ)メキシコ以外の感染確認国・地域については、十分な注意と対策を促す感
染症危険情報を発出。

(3)当館の対応
 (イ)4月24日以来「総領事館からのお知らせ」を在留邦人向けに発出し続け
ている。
また、日本語で医療相談のできる医療機関やバリ・ロンボクでの疑い例について
は、在インドネシア日本国大使館ホームページの在デンパサール総領事館コーナーにて
掲載している
 (ロ)5月1日、大使館の医務官による新型インフルエンザ対策の説明会を実
施。

(4)インドネシアにおける状況
    13日午後12時現在、西ジャワ州バンドン、バリ州、西ヌサトゥンガラ
州ロンボク島において、疑い例が報道されていましたが、大使館から保健当局に確認したとこ
ろ、いずれも陰性であることが確認されました。

(5)家庭での対処
 (イ)体温計の準備(新型インフルエンザも季節性インフルエンザと同様な症
状、38°C以上の発熱、悪寒、鼻汁、咳、関節痛、咽頭痛など。)
(ロ)マスクの準備(飛沫感染予防が重要。パンデミック前はサージカルマスクで
十分対応可能。)
(ハ)家庭用消毒薬の準備(接触感染の予防。70%アルコールがお勧め
「70%エタノール」)
(ニ)テッシュペーパー(特にポケットテッシュペーパー)とゴミ袋の用意は重
要。
(ホ)うがいは水道水で十分(起床時、移動後、就寝時。)
(へ)手洗いは石鹸で入念に行い、流水ですすぐこと。
(ト)なるべく人混みを避ける。(インフルエンザは、発熱開始24時間以上前か
ら感染力を有する。)

3.その他
(1)4月12日、日本人旅行者が空港内搭乗待合室セキュリティーチェックにて
現金の窃盗に遭った旨空港側に報告したところ、監視カメラに空港職員による
犯行現場が記録されていたことから、同職員を解雇した。
(2)3月頃からバリ州ではデング熱が広まってきており、4月末現在、サンラ病
院には約80名が治療入院している。

以上

==========================================
色んな事が起こってますね・・・(-_-;)
殺人事件に、空港職員の窃盗、豚インフルエンザより
もっと身近なデング熱。
のほほんと暮らすことはなかなか出来ないものですね~。。。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

5月20日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、晴れです。
ここ数日はにわか雨も降らなくなりました。
本格的な乾季に突入でしょうか。

両替レートは、
¥1=RP107前後、
US$1=RP10300前後
です。

久しぶりにこんなお菓子を買ってみました~♪
プリングルス
プリングルス・CHEESY CHEESE photo by jellyfish divers village

ビール好きには、ポテトチップ。
いつもは、インドネシアの「CHITATO」を常食してますが、
少し違った味をと、PringlesのCHEESY CHEESEを
試してみました。

以前にもチーズ味はありましたが、前よりソフトなチーズ味
になってます。
手もオレンジ色になることもありません。(*^_^*)
ペロッと食べてしまいました。
やっぱり美味しいな~♪

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

5月19日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、晴れです。
蒸し暑く、汗の止まらない一日でした。

両替レートは、
¥1=RP106前後、
US$1=RP10300前後
です。

今日は、先日生まれたテンペの子供達に会いに行って
来ました。
テンペの子
photo by jellyfish divers village

生後4日目のこの赤ちゃん達は、ず~っと眠ったままです。
でも、お乳を一杯飲んでいるのかお腹はパンパン!
まだ、犬とは判別できない形をしていますね。
真っ黒なのがオスで、後は皆メス。
こっちのワンちゃんは何故か体色が乳牛のようなのが
多いんですよね~。
大きくなって、テンペのように体毛の一部が長くなると
かわいいのにな~。
楽しみ!(*^_^*)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

5月18日 ダイビングログ 

5月18日

ロケーション:セラヤ
ポイント:フロントビーチ、レフトビーチ
海況:少しカレントあり
透明度:10~15m
水温:28℃

コールマンズシュリンプ
コールマンズシュリンプ

ニシキフウライウオ
ニシキフウライウオ photo by jellyfish divers village

本日のセラヤは、水面はベタ凪でしたが、水中は少々流れのある
海況となりました。
1本目は、入って10m付近でイイジマフクロウニを宿主とする
コールマンズシュリンプ2個体を発見。
いつもは水深20m以上の所にいるのに今日は浅い!
誰か持ち上げて来た?

そして、さらに流れの中ウミシダを観察していると、
三匹のニシキフウライウオが流れに流されないように
必死に隠れようとしていました。
画像では少し見にくいですが、白・赤・黒の3個体が
並んでいます。

2本目のレフト側はフリソデエビを狙ったのですが、
今回は見つからず、レンゲウミウシ・ホシゾラウミウシ等の
ウミウシがまだこの時期見られました。
1個体、名前の同定できない種もいましたので、それは後日
ご報告します。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: セラヤ

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ハイビスカス 

南国の象徴とも言えるお花、ハイビスカス。
バリ島にも沢山咲いています。

・英名:ハイビスカス
・バリ語名:プチュック
・インドネシア語名:ブンガ・スパッツ
・日本語名:ブッソウゲ(仏桑花)

ハイビスカスと言っても、色はもちろんですが、
種類も色々あるんですね~。

ハイビスカス
ハイビスカス photo by jellyfish divers village

こちらはよく見かける花ですが、
次のこれは、珍しくないですか?
コーラル・ハイビスカス
コーラル・ハイビスカス photo by jellyfish divers village

コーラル・ハイビスカスという名前がついています。
花びらがまるで炎のようです。
私は、線香花火を連想してしまいました。
名前の由来は、花色や形がサンゴに似ているからだそうです。
美しい花です。(*^_^*)

ハイビスカスは、中国では赤花種の花を食用染料として
シソなどと同様に用い、また熱帯アジアでは靴をみがくの
に利用するといわれ、shoe flowerの別名があるそうです。

沖縄南部では後生花と呼ばれ、死人の後生の幸福を願って
墓地に植栽する習慣があります。

こうしてお花も色々調べると、いろんな意味があるんですね!

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 1   tb 0   page top

5月17日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、快晴です。
また、いいお天気が戻って来ましたね!
風はそよそよといった感じで、我が家のペット達も
気持ち良さそうに昼寝をしています。

両替レートは、
¥1=RP108前後、
US$1=RP10300前後
です。

昨晩、うちの愛犬テンペの2世が誕生したそうです。
うちの犬は毛がベージュ。
お相手の雌犬のHANAKOちゃんもベージュ。
なのに、子犬は白と黒・・・・。
なんで?
HANAKOちゃん、どこかで先に身ごもってた?
いや、そんなはずは・・・。

近いうちにテンペ2世を見に行ってこよう~っと。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

インドネシアの豚インフルエンザ 

またまた領事館から豚インフルエンザに関する続報が届きましたので
ご案内します。
以下の通りです。
=========================================

【総領事館からのお知らせ:新型インフルエンザ関連情報】

平成21年5月14日(総09第34号)
在デンパサール日本国総領事館

~ロンボクにおける疑い例の発生について(続報)~

先日、新型インフルエンザ感染の疑い例としてマタラム病院(西ヌサトゥンガラ州
ロンボク島)に搬送された、インドネシア人につきまして、在インドネシア日本国
大使館からインドネシア保健省に照会したところ、同人は陰性であるとの回答を得
ました。
また、保健省からは、現在インドネシア国内に感染例及び感染疑い例はないとの回
答を得ています。

以上


<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

バナナ 

散歩に出れば、そこらそん所にバナナの木があり、
そして、大きなバナナの実が生っています。

それらは、誰に摂られることもなく、朽ちていく時もあります。
私が欲しいくらいです。
所有者がいるのか、いないのか。

そのバナナの花はこれ、↓
バナナの花
バナナの花 

大きくて赤黒い花です。
この画像はまだつぼみですが、これが開花すると
非常に大きな花になります。
それが、落ちると、実が生ります。↓
バナナの実
バナナの実 photo by jellyfish divers village

コレだけの量の実が生るわけですから、相当重いです。
なので、茎が耐えられず折れてしまうこともあります。

バナナの木は一度実をつけるとそれで一生は終わります。

バナナには生食用と料理用があります。
料理用バナナは熱を加えるとお芋さんのような味になります。
バリ島では、ピサンゴレン(揚げバナナ)や蒸バナナがあります。
一度、生食用バナナでピサンゴレンをしてみたら、バナナが
どろどろになってしまいました。
やっぱり生食用は生ですね!

バナナの皮には潤滑油成分があるらしく、
踏んで転ぶというのは本当の話のようですね。
毒も少しあるようなので、あまり、(というか食べませんが、)
食べない方がいいそうです。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

5月16日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は晴れです。
少し薄い雲が広がっていて、涼しい1日となってます。
風が相変わらず強めに吹いています。

両替レートは、
¥1=RP108前後
US$1=RP10300前後
です。

一昨日の晩、知人とジャムー(伝統の飲み薬)屋台で
ジャムーのお酒を飲みました。

以前にも一度飲んだことがあり、疲れた体に飲むと本当に
元気が出てきます。
その時は、朝4時には目が覚めてしまいました。
そこからは眠れませんでした。

で、そのお酒を飲みすぎてしまい、やはりいくらお薬とは言え、
飲みすぎは良くないわけで、夫婦揃って潰れてしまいました。
おまけに吐いちゃうし・・・(-_-;)

車で行ってたから、そんな状態で運転できるわけもなく、気付けば
知人が代行(こっちもあるんですね!)で送ってもらってました。_(._.)_

昨日は一日中気持ちが悪く、夫婦揃って寝込んでました。
お酒はほどほどに。
と、こんな時は思うのですが、やっぱり楽しいですよね~。
でも二日酔いは嫌だ~!!!

今日もまだ本調子ではない私です。。。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

バリ島豚インフルエンザ情報・・・領事館より・・・ 

バリ島での豚インルエンザの状況が領事館からお知らせがありましたので、
ご案内します。
以下の通りです。
=========================================
【総領事館からのお知らせ:新型インフルエンザ関連情報】

平成21年5月11日(総09第32号)
在デンパサール日本国総領事館

~バリにおける疑い例の発生について~

1.11日付当地紙バリ・ポストは、アムステルダムよりクアラルンプール経由
(マレーシア航空)で当地デンパサール国際空港に到着したオランダ人(32
歳)が、クアラルンプールを離陸した後機内で高熱及び嘔吐の症状を呈したた
め、10日午後1時過ぎ、新型インフルエンザ感染疑い例として当地サンラ病院
(政府指定病院)に隔離入院させられた旨報じています。

2.当館より同病院感染症責任者に照会したところ、空港内検疫において同人にイ
ンフルエンザの臨床的症状が確認され、かつWHOがオランダを新型インフルエン
ザ感染国の1つとして確定していることから、同人が疑い例として同病院に搬送さ
れてきた。現在、同人の検体はジャカルタへ送付されており、検査結果を待ってい
るところであるが、同人の容体は回復に向かっている旨回答を得ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
総領事館からのお知らせ:新型インフルエンザ関連情報】

平成21年5月13日(総09第33号)
在デンパサール日本国総領事館

~バリ及びロンボクにおける疑い例の発生について(続報)~

1.バリにおける疑い例
先日、新型インフルエンザ感染の疑い例としてサンラ病院に搬送された、オランダ
人につきまして、当館から同病院感染症責任者に照会したところ、ジャカルタでの
検査結果、同人は陰性であるとの回答を得ました。なお、同人は12日に退院してい
ます。

2.ロンボクにおける疑い例
(1)12日付ウィブ・ニュース・サイト「デティック・コム」によれば、マレー
シアからスラパラン・マタラム国際空港に到着した出稼ぎインドネシア人が新型イ
ンフルエンザ感染の疑い例としてマタラム病院(政府指定病院)に隔離入院させら
れた旨報じています。

(2)当館より同病院感染症対策チーム長に確認したところ、同人は空港内検疫に
て高熱の症状が確認され、かつ外国からの来訪者であることから、予防的措置とし
て同病院に隔離入院となった。現在、同人の検体をジャカルタへ送付しており、検
査結果を待っているところである旨回答を得ました。

以上


<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

ジュプン・ジュパン 

ジュプンの第3弾は、ジュプン・ジュパン。
ジュプン・ジュパン
ジュプン・ジュパン photo by jellyfish divers village

ジュパンといのは、インドネシア語のジャパン(日本)です。
今、インドネシアでは盆栽が盛んです。
そうです、日本のあの「盆栽」です。
このジュプンはその盆栽風に仕立てられているので、
そのような名前がついたのでしょう。

ハナビラも少し先が尖がっていて、波打ったような形です。
色が他のジュプンと違って少し透明感がありますね。
枝が小さいうちから無理矢理曲げたりして盆栽にしていきます。
ちょっと自然さがないのが残念かな~。。。

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

5月14日 今日のバリ島 

今日のバリ島サヌールのお天気は、快晴です。
0514
サヌール・メルタサリビーチ photo by jellyfish divers village

少し風が強いです。
いよいよ乾季の風が吹き始めました。
この風がダイビングでは厄介なんですね~。。。
波が心配になる季節となりましたね。

両替レートは、
¥1=RP108前後、
US$1=RP10300前後
です。
ドルが下がり気味ですが、円がまだ良くなってきました。

ダイビングの無い日は、お昼に散歩、夜は愛犬を連れて散歩と、
散歩三昧してます。
昨晩はいつもとは違うルートを歩いてみると、我が家の裏手の
少し離れた所にまた新しくダイビングショップが出来ていました。
敷地も広く、器材も新しいものを沢山揃えた、割と大き目の店構え。
またまた、ライバル出現です。
日本人オーナーでは無さそうですが、サヌールには本当に沢山の
ダイビングショップがあります。
うちが一番小さいくて目立たないかもな~。。。
サービス内容が大切ですから、外見は気にしませんが。

年間に沢山のお店が出来ますが、同じように沢山のお店が潰れて
いきます。
自分達の個性を見失わず、頑張らないといけませんね。
商売するって、本当に難しい~(^_^;)

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: 今日のバリ島くらげ村

thread: 日記 - janre: 日記

cm 0   tb 0   page top

ジュプン・バリ 

昨日に続き、今日のお花もジュプンです。

ジュプンの中でも、ジュプン・バリという種類になります。
ジュプン・バリ
ジュプン・バリ photo by jellyfish divers village

ジュプン・ジャワと比べて、クリーム色の部分が多い花弁、
赤色の花弁など厚みのある花が特徴で、花弁がスパイラル状
に付きます。
白色と赤色があり、赤色は特に青空と映えてキレイですね!

お花が皆太陽の方を向いているので、写真を撮るのに苦労
しました。(*^。^*)
南国の太陽の光は、自然の色の発色がとって美しく見せますね!

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島花図鑑

thread: 雑記 - janre: ブログ

cm 0   tb 0   page top

インドネシアの豚インフルエンザ状況 

今は何処の国を旅行するにもこの豚インフルエンザが怖いですね。。。
バリ島では先日空港にてオランダ人が感染の疑いで病院へ隔離
されていましたが、陰性と分かり現在は退院したそうです。

今の所、感染者はバリ島では出ておりません。
また、下記の通り、インドネシア政府の対応が発表されています。

=========================================
■新型インフルエンザの世界的流行に対するインドネシア政府の対応について

インドネシア共和国文化観光省国際マーケティング局長による
“新型インフルエンザ”に関する声明

インドネシア共和国保健省疾病管理・健全環境局長の Prof. Dr. Tjandra Yoga Aditama Sp.P, MARS. の正式発表によると、現在のところインドネシアはH1N1亜型(新型インフルエンザ)の感染の恐れは無いとのことです。

しかしながら、インドネシア政府は、保健省と農業省ともに新型インフルエンザのインドネシア国内への流入感染防止の事前措置を講じております。世界保健機構との協力や監視体制、港湾保険局との協力体制などです。

保健省は次のような対応措置を実施しています。

インドネシア国内へのウイルス流入に対する警戒を強化。特に感染諸国からの入国者に対する出入り口での警戒のため、体温検査の10のスキャナーを空港の搭乗口や空港内の検疫所に設置。
いかなるインフルエンザ症状や動物(特に豚)との接触履歴などに対する慎重なる警戒。
インフルエンザ型病気と肺炎の監視の増強、及び疾病・環境衛生管理局に新型インフルエンザ報告専用電話番号(62-21)4257125の設置。
考えられるあらゆる可能性で継続的に新型インフルエンザの展開を監視続ける。
広範囲相互計画、広範囲部署における協力体制の強化、国内に保健関連情報を広める。
保健省はあらゆる分野と地方自事体との協力体制において、新型インフルエンザのような世界的懸念事項の公衆衛生緊急事態のシミュレーションを過去2回おこなってきました。第一回インフルエンザ世界的流行防止管理シミュレーションは、2008年4月25日―27日に実行されました。第二回目は、つい最近で2009年4月25日―26日にマカッサルにおいて行われました。


2009年5月8日、ジャカルタ
インドネシア共和国文化観光省

========================================

<・jellyfish<<<バリ島ダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シニアダイビング情報
<・jellyfish<<<バリ島シュノーケリング情報

category: バリ島情報

thread: ニュース - janre: ニュース

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー